立ちくらみの症状|様々な症状に効くプロポリスの抗酸化作用|がん予防から低血圧まで

様々な症状に効くプロポリスの抗酸化作用|がん予防から低血圧まで

立ちくらみの症状

メディシン

鉄分を摂りましょう

貧血は、立ちくらみ、めまい、息切れ、動悸などの症状が起こります。原因は、血液中のヘモグロビンの減少により、体内の酸素不足が原因でめまいや息切れなどの症状がおこるのです。貧血の時には、無理に動かずに安静にすることが大切です。全身の酸素不足で起こる症状なので、血液の流れをよくするために横になり身体をあたためると効果的です。ゆっくりと焦らず行動しましょう。貧血は、鉄分不足から起こるので、鉄分を含む食事を摂ることをこころがけましょう。食事では、レバー、牛肉、豚肉、ひじき、カツオなどの魚類、ほうれん草などに鉄分が多く含まれています。貧血対策のサプリメントなどもでていますので、利用するのもひとつの手です。すぐには効果はでませんので、長期で体質改善していきましょう。

食事で気をつけましょう

貧血の方は、ほとんどが鉄欠乏性貧血といわれるタイプのものです。男性より女性の方が多いのが特徴で、貧血であるにもかかわらず知らずに生活している方も少なくはありません。貧血は、動悸、息切れ以外にも、肩こり、頭痛、口内炎などの症状も出てきます。貧血の原因は、ダイエットなどによる栄養バランスの偏りや、妊娠・出産期の鉄分を大量に必要とするための場合などがあります。その他にも、隠れている病気が原因で貧血になる場合もあるので注意が必要です。生活に支障がない程度のものならば、食事療法で治すことができますが、それでも改善されない場合は、サプリメントや鉄剤での治療になります。鉄剤は、1日10〜15mgを2・3ヶ月摂取することが一般的です。

Copyright © 2016 様々な症状に効くプロポリスの抗酸化作用|がん予防から低血圧まで All Rights Reserved.